ゲーミングデバイス

【ゲーミングキーボード】Logicool G913 TKLをレビュー【テンキーレスワイヤレス最高傑作!!】

どうも!Karua(@karuablog)です。

今回はありがたいことに企業様から

をレビュー用に提供していただいたので、本記事でレビューをしていきたいと思います。

キーボード選びに悩まれている方はぜひ記事を参考にしてみてください。

G913の特徴

いいところ

  • ワイヤレスに対応(USB無線とBluetooth)
  • カラーがブラックとホワイトの2種類でデスク周りの色に合わせやすい
  • 薄型のテンキーレスでコンパクト
  • キーの押し心地最高
  • USB無線とBluetoothの切り替えがワンタッチでスムーズ
  • バッテリー長持ち(40~1100時間)

微妙なところ

  • テンキーレス キーボードの中でも高価格

(ワイヤレスキーボードとして必要な機能や性能面が全て揃っているので、価格以上のパフォーマンスがあると感じています。)

Sponsored Link

内容物

  • G913 TKL本体
  • LIGHTSPEED USBレシーバー
  • USB延長ケーブル
  • Micro-USBケーブル
  • 取扱説明書、保証書など

スペック

G913本体、技術仕様

接続方式LIGHTSPEEDワイヤレス、Bluetooth
本体サイズ(横×縦×高さ)368mm x 150mm x 22mm
重量810g(ケーブル除く)
ケーブル長1.8m
アクチュエーションポイント1.5mm
押下圧50g
キーストローク2.7mm
バッテリー駆動時間40時間(LEDライトMAX)
1100時間(LEDライト消灯)
オンボード メモリ2個のライト プロファイル
マクロプロファイルx3

その他

販売開始2020/6/25
ブラック、ホワイト
メーカー価格¥30,250(税込)
互換性LIGHTSPEEDワイヤレス:USBポートおよびWindows® 7以降またはOS X 10.11以降
BluetoothBluetooth対応デバイスおよびWindows 8以降、macOS X 10.11以降、Chrome OS™、Android™ 4.3以降、またはiOS 10以降
保証期間2年間無償保証
型番Carbon 日本語 タクタイル(ブラウン)
→G913-TKL-TCBK
Carbon 日本語 リニア(レッド)
→G913-TKL-LNBK
Carbon 日本語 クリッキー(ブルー)
→G913-TKL-CKBK
White 日本語 タクタイル(ブラウン)
→G913-TKL-TCWH

キーボード本体

外観

今回、提供していただいたG913-TKLホワイトモデルになります。

テンキーがない分コンパクトで、アルミボデイなため高級感があります。

LEDを発光させなくても文字目がはっきりしており、見やすいです。

側面から見るとかなり薄く、高さが22mmしかないため、パームレストを使わずとも快適に長時間タイピングが可能です。

右上には音量コントロールがあり、指でスッと回転させることで音量調整が可能です。

左上には「LIGHTSPEED接続ボタン」「Bluetooth接続ボタン」「ゲームモードボタン」「LED調光ボタン」があります。

「LIGHTSPEED接続ボタン」「Bluetooth接続ボタン」の2つのボタンは押したらすぐに接続が切り替わります

ワンタッチで切り替えることができて、メインPC以外にサブPCやタブレットを少し操作する方に重宝します。

ただし、1msの高速通信に対応しているのはLIGHTSPEED接続だけなので、BluetoothでFPSなどのゲームをプレイするのにはおすすめしません。

パソコンと接続するためのUSBポートや電源ボタンは本体上部にあります。

背面にはグリップが6箇所付いています。

文字を打つ際に位置がズレることがなく、安定して使用できます。

角度調整のための折りたたみ式のスタンドが備わっています。

0°/4°/8°の3段階に調整が可能です。

背面の中央にはUSBレシーバーの収納スペースが用意されています。

キーボードを持ち運ぶ際の紛失防止に役立ちます。

Sponsored Link

打ち心地

今回、レビュー用にいただいたG913TKLは「GLタクタイル」というLogicool独自の茶軸スイッチになります。

打鍵音は「カタカタ」という音で比較的、静音タイプのキーボードになります。

押し心地は柔らかく、強く叩いても嫌な金属音がならないので打ち心地がいいです。

以下の表が各スイッチの仕様になります。(公式URLはこちら)

スイッチGLタクタイルGLリニアGLクリッキー
フィードバックタイプ確かなフィードバックスムーズ耳に心地よいクリック音
カスタム元茶軸赤軸白軸
アクチュエーションポイント1.5mm1.5mm1.5mm
キーストローク2.7mm2.7mm2.7mm
平均押下圧50gf50gf50gf
タクタイル圧60gfなし60gf

バッテリー持ち

ワイヤレスとなると充電が必要になるのでバッテリー持ちが気になると思います。

G911 TKL」はLEDライトがMAXの状態でも40時間も使用することができます。

さらにLEDライトの大きさを小さくすることで持続時間が増え、LEDライトをオフにすることで最大1100時間も使用できます。

ソフトウェアの使用感

Logicool G HUB

LEDカラー/キーの割り当て/マクロなどの変更したい方は『Logicool G HUB』というソフトウェアが必要になります。

ソフトウェアに対応しているLogicool製品であれば、ここで一括で管理することができるので便利です。

初めて使用される方でも直感的で簡単に変更することができます。

LEDライティング

LEDのプリセットですが、

  • オフ
  • 固定
  • サイクル
  • 色の波
  • ブリージング
  • リップル
  • オーディオビジュアライザー
  • 画面サンプラー
  • 星の光
  • エコープレス

と豊富なライティングの種類があるので、自分好みにカスタマイズできます。

この他に「フリースタイル」「アニメーション」の項目があります。

「フリースタイル」ではキーごとにLED色を別々に設定して発光させることができます。

ゲームで移動するときの操作キーとして「WASD」がありますが、上の画像のように別色に発光させることで、押し間違いを防ぎます。

「アニメーション」では変化する色を細かく設定することができ、元からあるプリセットだけでも10種類以上あります。

自分だけのオリジナルのLEDライティングが作成可能です。

割り当て

こちらの画面では、キーボードのファンクションキーの割り当てを変更できます。

割り当てられるものは↓

  • ショートカットキー
  • キーボードのキー
  • マクロ
  • 「Overwolf」「Discord」「OBS」のショートカットキー
  • マウス/編集/デバイス/オーディオ/OS/メディア/GHUBなどのシステムコントロールキー

になります。

通話する際に使う「Discord」や配信サービス(YouTubeなど)を利用する際に使われる「OBS」のショートカットキーの割り当てができるのはかなり便利です。

ゲームモード

ここではゲームモードスイッチをオンにした際に無効化するキーを指定することができます。

ゲームプレイ中に余計なキー(Windowsキーなど)を押したために、操作ができなくなってしまうことはよくある話で、それを未然に防ぐことができるので便利です。

まとめ

今回、提供していただいた「G913-TKL」はワイヤレスキーボードとして必要な機能や性能面が全て揃っているキーボードだと感じました。

価格は高めではありますが、便利な機能が豊富でこのキーボードにしかない魅力がたくさんあるので、価格以上のパフォーマンスがあると思います。

  • ワイヤレスでバッテリー持ちのいいキーボードが欲しい!
  • キーボードにテンキーレスは必要ない!
  • 打ち心地のいいキーボードが欲しい!
  • メインPCに限らず、サブPCやタブレットでも使えるキーボードが欲しい!
  • FPSだけでなく、作業用としても使えるキーボードが欲しい!

と言う方であれば、迷う必要がないくらい、このキーボード「G913-TKL」をオススメします。

最後までお読みいただきありがとうございました!

皆さんの良きゲームライフを願っております。

Karuaでした。お疲れ様です。

Twitter(@karuablog)ではこのブログの新記事のアナウンスやゲーム情報などをツイートしています。気軽にフォローしてみて下さい!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です