DBD

【DBD】4.3.0 アップデート 調整内容・変更点 まとめ

どうも!Karuaです。

今回はDead by Daylight(デッドバイデイライト)の4.3.0アップデートの調整内容・変更点についてまとめました。

まだ確認していない方は是非記事をご覧ください。

ゲームバランス

エクセキューショナー

地獄の罰を失敗したときのリスクが高すぎ、また同時に裁きの儀式のフェイントをするのが簡単すぎたため、両者に対する調整を実施。

裁きの儀式をキャンセル後、

  • 移動速度が1秒間3.68m/秒になるよう変更。
  • 1秒間攻撃できないように変更。
  • 地獄の罰を発動後、次の攻撃ができるようになるまでのクールタイムを2.75→2.25秒に変更。
Sponsored Link

パークの変更

  • “煩悶のトレイル”:効果を発動させた発電機の進行度後退が中断されるか、生存者が負傷する・瀕死になるまで探知不可状態が継続するよう変更。
  • “強制苦行”:衰弱状態の効果時間を40/50/60→60/70/80秒に変更。
  • “血の協定”:迅速の移動速度上昇効果を7/7/7→5/6/7%に変更。効果時間を6/8/10秒→相手の生存者から16m以内に留まっている限り永続に変更。
  • “強硬手段”:使用時にブラッドポイントを獲得できるように変更。クールダウンを140/130/120→100/80/60秒に変更。
  • “人々のために”:使用時にブラッドポイントを獲得できるように変更。
  • “死恐怖症”:治療速度に対する効果を削除しました。作業速度低下効果を、1人につき3/3.5/4→4/4.5/5%に変更。
  • “マインドブレーカー”:効果時間を1/2/3→3/4/5秒に変更。
  • “無慈悲の極地”:効果範囲を24→32mに変更。
  • “ツルツルとした肉体”:トラッパーのトラバサミに対する効果を削除。フックから自力脱出できる確率を2/3/4%増加させる効果を追加。(標準の4%に加算され、実質6/7/8%となります)
  • “不協和音”: 有効範囲を32/64/96mに変更。
    • 発動した瞬間、その発電機に1回騒音通知が発生。
    • 発動している間、常にその発電機のオーラが強調表示されます。
    • 発動条件を満たさなくなったあと、8秒間オーラが表示され続けます。
  • “呪術:女狩人の子守唄”:効果の対象を治療と発電機修理のスキルチェックのみに変更。
  • “テクニシャン”:発電機修理のスキルチェック失敗時、爆発を30/40/50→100/100/100%回避できるように変更。発電機修理のスキルチェックを失敗すると修理進行度が5/4/3%追加で減少する効果を追加。
  • “イタチが飛び出した”:効果時間を40/50/60→35/40/45秒に変更。
  • “ずっと一緒だ”:瀕死の生存者に対する治療速度を100%増加する効果を追加。パレットスタンや懐中電灯により運搬中の生存者を救出したときもトークンを得られるように変更。

発電機に関する用語の変更と整理

  • 発電機の修理進行度が減っていっている状態のことを「後退する」と言います。
  • 殺人鬼が発電機を後退状態にすることを「発電機を破壊する」と言います。
  • 発電機の修理進行度が一瞬で一定量減ることを「進行度を失う」「進行度が減少する」と言います。
  • エンティティによりブロックされた発電機は進行度が変動しません。
  • 後退状態の発電機がエンティティによりブロックされた場合、その状態は維持されますが、ブロックが解除されるまで進行度は変動しません。
  • 後退状態の発電機は、他の効果により進行度が減少することがあります。
    • 例: “呪術:破滅”により後退状態にある発電機は、“サージ”が発動すると進行度が減少します。
  • “サージ”・“イタチが飛び出した”・“オーバーチャージ”: これらの定義付けをもとに説明文を更新しました。
Sponsored Link

グラフィックアップデート

  • マクミラン・エステート系マップ:グラフィックアップデートを行いました。
  • ロッカー:グラフィックアップデートを行いました。
  • 足音の効果音を追加。
  • すべての血のエフェクトにグラフィックアップデートを行いました。スクリーン上の血しぶき、攻撃命中時の出血、血痕を含みます。
  • トラッパー・レイス・ヒルビリー:ビジュアルエフェクトをアップデート。
  • ゲーム内およびロビー内のディゾルブ視覚効果をアップデート。
  • 4K解像度インターフェース。
  • 4K解像度での表示を改善するよう、キャラクター画像とカスタマイズアイテムのアイコンをアップデート。

パークのレア度

  • すべてのパークのレア度を統一。
    • レベル1:アンコモン
    • レベル2:レア
    • レベル3:ベリーレア

アーカイブ

  • 学術書&リフトVが10月22日に登場。

不具合の修正

システム

  • カスタムゲーム内の、デイリーリチュアルの表示と達成済みリチュアルの報酬取得機能を無効化しました。
  • ゲーム内ストアからプラットフォームのストアに移動したあとの音声を無効化しました。
  • 期限付きBANを通知するポップアップにプレイヤークラウドIDを追加しました。

生存者

  • 生存者:まれにフックに吊られた後も運搬中の状態が維持されることがある不具合を修正。
  • 生存者:まれにフックから救助されたあとうまく操作できなくなることがある不具合を修正。
  • 生存者:インタラクトボタンを放したあともスキルチェック失敗のアニメーションが継続する不具合を修正。

殺人鬼

  • デススリンガー:アイテムを持ち、そして地面に置いたことがある生存者に銛を命中させると生存者が片手で銛を掴む不具合を修正。
  • エクセキューショナー:贖罪の檻の中の生存者が、他の残っている生存者が全員フック上で耐久フェーズ中でも即死しない不具合を修正。
  • 鬼:血の球が生存者よりも遠くに生成される不具合を修正。

パーク

  • “呪術:女狩人の子守唄”:トークンを取得する前に生存者の画面に呪縛アイコンが表示される不具合を修正。
  • “選択は君次第だ”:生存者が仲間をフックから救助するとき、パーク“魂の平穏”の効果を無視する不具合を修正。

その他

  • 一部のプレイヤーの画面で、呪術トーテムが無力なトーテムに見えることがある不具合を修正。

PTBからの変更点

  • エクセキューショナー:裁きの儀式をキャンセル後の移動速度を4.4→3.68m/秒に変更。
  • “不協和音”:有効範囲を32/64/96mに変更。
    • 発動した瞬間、その発電機に1回騒音通知が発生します。
    • 発動している間、常にその発電機のオーラが強調表示されます。
    • 発動条件を満たさなくなったあと、8秒間オーラが表示され続けます。

既存の不具合

  • 殺人鬼: マッチ開始時、カメラが回転している間のアニメーションがときどきおかしくなる不具合。

今までのアップデート内容はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です