DBD

【DBD】4.2.0 アップデート 調整内容・変更点 まとめ

どうも!Karua(@karuablog)です。

今回はDead by Daylight(デッドバイデイライト)の4.2.0アップデートの調整内容・変更点についてまとめました。

まだ確認していない方は是非記事をご覧ください。

新チャプター「Descend Beyond」

  • 新殺人鬼『ブライト』を追加。
  • 新生存者『フェリックス・リクター』を追加。
  • 殺人鬼・生存者両用の新オファリングを5種類追加。↓
  • 生贄の魔除け (レア):他のプレイヤーが使用した、特定のマップに送られる確率を上昇させるオファリングの効果を打ち消す。
  • 血塗られた設計図 (コモン):儀式開始時に、地下室のフックのオーラが20秒間視えるようになる。マップに殺人鬼の小屋がある場合、その下に地下室が出現する確率がとてつもなく上昇する。
  • 破れた設計図 (コモン):儀式開始時に、地下室のフックのオーラが20秒間視えるようになる。マップに主要な建物がある場合、その下に地下室が出現する確率がとてつもなく上昇する。
  • 注釈付きの設計図 (コモン):マップに殺人鬼の小屋がある場合、そこにハッチが出現する確率がとてつもなく上昇する。
  • ヴィゴの設計図 (コモン):マップに主要な建物がある場合、そこにハッチが出現する確率がとてつもなく上昇する。
Sponsored Link

新機能と新要素

グラフィックアップデート

下記のゲーム内オブジェクトにビジュアルのアップデートを行いました。

  • 発電機:モデル、アニメーションとエフェクトの更新が含まれます。生存者の修理アニメーションとエフェクトも更新しました。
  • パレット:モデルとエフェクトの更新が含まれます。
  • ロッカー
  • チェスト:モデルの更新が含まれます。生存者のインタラクトも更新。

下記のマップにビジュアルのアップデートを行い、同時に破壊可能壁を追加しました。

  • スプリングウッド:バダム幼稚園I~Vを更新。
  • 山岡邸:ファミリー・レジデンスと怒りの聖所を更新。

その他

  • 懐中電灯の狙いを変更しました。4.1.0までは画面の中央右側を狙うようになっていましたが、4.1.0で懐中電灯を構えるアニメーションが更新されたことにより狙いがより右側になっていました。今回のアップデートで中央よりに変更しました。
Sponsored Link

不具合の修正

殺人鬼

  • デススリンガー:銛が命中した生存者がひるまない不具合を修正。
  • ヒルビリー:アドオン” 同調済みのキャブレター”を装備していると生存者運搬時と突進攻撃の速度が低下する不具合を修正。
  • リージョン:スキン”虚ろな眼差し”を装備するとキャラクターを問わずジュリーのアニメーションになる不具合を修正。
  • 鬼:血の怒りが発動できなくなることがある不具合を修正。
  • 鬼:血の球が点滅することがある不具合を修正。
  • プレイグ:吐瀉物の軌道が以前よりも高い不具合を修正。
  • シェイプ:内なる邪悪ティア3のとき武器の構え方が変わらない不具合を修正。
  • トラッパー:チュートリアル中トラバサミのオーラが表示されない不具合を修正。

生存者

  • 複数のマップの丘の近くでスタックする不具合を修正。
  • 生存者: メメント・モリ中に軸がずれる不具合を複数修正。

パーク

  • “監視”:進行度がゼロになった発電機のオーラが赤く戻らない不具合を修正。
  • 生存者:“セルフケア”を装備していて負傷中、パレットの横にいるとパレットを倒すアクションが上書きされる不具合を修正。
  • “ウィンドウズ・オブ・オポチュニティ”:目眩まし状態のとき、破壊可能壁のオーラが表示される不具合を修正。

その他

  • グラフィック設定をMedium以上からLowまたはMediumに変更するとクラッシュすることがある不具合を修正。
  • 不具合を修正し、ランクアップデートエラーの発生を抑制。
  • HTMLマークアップが含まれているプレイヤー名の通知を改善。

PTBからの変更点

殺人鬼:ブライト

  • ダッシュ攻撃後、クールダウンのアニメーションが2重で発生する不具合を修正しました。ダッシュ攻撃後の武器をぬぐうアニメーションとダッシュ攻撃を空振りしたときのアニメーションを両方削除し、血清注射のアニメーションに置き換えました。これによりアニメーションが2重で発生しているときの不具合 (クールダウン中に生存者を持ち上げられる不具合、攻撃モーションなしで攻撃できる不具合) も解消されました。
  • 進行方向に応じて激突と判定する半径を減少し、直近かつ視界の中央にある障害物を激突と判定するシステムを追加。
  • ダッシュ攻撃の初期速度を6.9→9.2m/秒に変更。
  • 突進中の旋回性能を向上。
  • 死の突進開始直後の速度ブーストをすこし減少。
  • 攻撃ボタンから手を放してもダッシュ攻撃が継続するようにしました。
  • ブライトの身長を“背が高い”→“平均”に、難易度を“普通”→“難しい”に変更。
  • アドオン“欠けた単眼鏡”の目標表示を作り直しました。以前は現在の速度と向いている方向を計算した地点を表示していましたが、突進中横移動があることを考慮し、プレイヤーが進んでいる方向を計算して表示するようにしました。フルスピードで移動していないときにも目標が表示されるよう対応しました。結果的に“欠けた単眼鏡”は突進中の軌道変更に対応しやすくなり、衝突見込み地点をより正確に表示できるようになりました。
  • 20個中16個のアドオンの効果を変更しました。変更された効果は以下の通りです。

ブライトのアドオンの変更

  • 欠けた単眼鏡 (コモン):激突の目標位置が表示される。
  • 化合物7  (コモン):激突後、自動的に16m以内かつ最も近い生存者の方向を向く。
  • ジギタリス (コモン):突進後の回復時間が0.25秒減少。
  • 錠剤タイプの偽薬 (コモン):突進中の移動速度が15%減少する。突進に関わる得点行動で得られるブラッドポイントが100%増加。
  • 潰瘍の棘 (アンコモン):突進後の回復時間が0.5秒減少。
  • ボロボロの手記 (アンコモン):突進トークンの回復に必要な時間が0.33秒減少。突進トークンの最大数が1個減少。
  • 破滅したネズミ (アンコモン):連続で突進するたびに突進中の移動速度が4%ずつ上昇。
  • プレイグの胆汁 (アンコモン):突進中の旋回速度が10%増加。突進トークンの回復に必要な時間が0.66秒減少。突進中に視界を旋回できる最大角度が50%増加。突進トークンの最大数が2個増加。パレットや破壊可能壁に激突するとそれを破壊し、1.5秒間スタンする。
  • パチュラの粉 (アンコモン):激突の時間が0.75秒増加。
  • 化合物21 (レア):激突時、激突した場所から16m以内の生存者のオーラを6秒間表示。
  • 本影の塩 (レア):突進中の旋回速度が15%増加。
  • バラの強壮剤 (レア):激突の時間が1秒増加。
  • 破滅したカラス (レア):連続で突進するたびに突進中の移動速度が6%ずつ上昇。
  • アドレナリンの小瓶 (レア):突進中の旋回速度が90%低下する。
  • 召喚の石 (ベリーレア):死の突進中に生存者に攻撃が命中するとエンティティを呼び出し、12m以内のパレットを6秒間ブロックする。
  • 錬金術師の指輪 (ベリーレア):死の突進中に生存者に攻撃が命中すると即座にすべての突進トークンが回復する。
  • 魂の化学物質 (ベリーレア):突進中、8m以内の生存者のオーラを表示。
  • ヴィゴの手記 (ベリーレア):突進中、探知不可状態となる。
  • 化合物33 (ウルトラレア):激突時、16m以内のすべての生存者が3秒間妨害効果に苦しむ。
  • 玉虫色のブライト用ラベル (ウルトラレア):すべての突進トークンを使い切った状態の死の突進で生存者を攻撃すると、その生存者を瀕死状態にする。

PTBからの不具合修正

  • 鬼:山岡の怒り中にスタンするとビジュアルがおかしくなる不具合を修正。
  • プレイグ:黒死の吐瀉使用後に移動速度が低下しない不具合を修正。
  • “呪術:破滅”、“呪術:不死”によって複数回呪いのトーテムが移動すると、“呪術:破滅”が破壊されたあとも殺人鬼が発電機を破壊できなくなる不具合を修正。
  • “呪術:血の恩恵”:ドクターの幻覚パレットに効果が発動しない不具合を修正。
  • “呪術:血の恩恵”:ナイトメアのドリームパレットに効果が発動しないことがある不具合を修正。
  • 発電機の修理が完了するとフレームレートが低下する不具合を修正。
  • 不具合を修正し、セーブゲームエラー112の発生を抑制。
  • ブラッドポイントの獲得・消費に失敗したとき、エラーメッセージがより明確に表示されるよう変更。
  • ブラッドポイントを使用せずにブラッドウェブのノードを獲得できる不具合を修正。

今までのアップデート内容はこちら

Twitter(@karuablog)ではこのブログの新記事のアナウンスやゲーム情報などをツイートしています。気軽にフォローしてみて下さい!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です