DBD

【DBD】4.0.1 アップデート 調整内容・変更点 まとめ

どうも!Karua(@karuablog)です。

今回はDead by Daylight(デッドバイデイライト・DBD)の4.0.1アップデートの調整内容・変更点についてまとめました。

まだ確認していない方は是非記事をご覧ください。

不具合の修正(PS4のみ)

生存者

  • オブセッションの生存者を治療しても実績「健康なオブセッション」の進行度にカウントされないことがある不具合を修正。
  • デイビット・キング:プレイ中、顔が様々な角度に歪んで見える不具合を修正。
  • 生存者:贖罪の檻からほかの生存者を救出したとき、プレースホルダーの文字列が表示される不具合を修正。
  • 生存者:ときどき吊られたフックの上に浮くことがある不具合を修正。

殺人鬼

  • エクセキューショナー:地獄の罰を発動する瞬間に方向転換すると、直前に向いていた方向に攻撃が発生することがある不具合を修正。
  • エクセキューショナー:裁きの儀式が特定の当たり判定を通過するのではなく上部に展開される不具合を修正。
  • エクセキューショナー:贖罪の檻で死亡した生存者がアーカイブのチャレンジの“何としても殺害する”という条件にカウントされない不具合を修正。
  • エクセキューショナー:生存者が贖罪の檻から救出されたときに騒音インジケータが発動しない不具合を修正。
  • エクセキューショナー:贖罪の檻の中の生存者の救出を妨害したときのアニメーションを修正。
  • エクセキューショナー:窓枠を乗り越えるときに武器が壁に埋まる不具合を修正。
  • リージョン:スキン“パーティークラッシャー”が明るすぎる不具合を修正。
  • 殺人鬼:脱出ゲートを殺人鬼が開くと、閉まっているように見えることがある不具合を修正。
Sponsored Link

パーク

  • “血族”:贖罪の檻に送られているときに発動する不具合を修正。
  • “強制苦行”:生存者が防御を成功させたとき、殺人鬼の得点にプレースホルダーの文字列が表示される具合を修正。
  • “アドレナリン”:贖罪の檻の中にいる間に発動し迅速効果を得る不具合を修正。

マップ

  • ミッドウィッチ小学校:パーク“血の番人”で生成されたエンティティブロッカーが生存者の脱出を妨げない不具合を修正。
  • ミッドウィッチ小学校:テーブルの上のテクスチャが欠けていた不具合を修正。
  • ミッドウィッチ小学校:ナースが世界の外側にブリンクできる不具合を修正。
  • ミッドウィッチ小学校:階段の最上段の肉塊に殺人鬼にとっての見えない壁がある不具合を修正。
  • ミッドウィッチ小学校:殺人鬼が片側からパレットを壊すことができない不具合を修正。
  • ミッドウィッチ小学校:ロッカーの扉の後ろに隠れている生存者を殺人鬼が凝視/つけ回しすることができる不具合を修正。
  • ミッドウィッチ小学校:トラバサミの真下を歩くとトラバサミが作動する不具合を修正。
  • ギデオン食肉工場:生存者がバルコニーから飛び降りたあとに安全地帯にたどり着くことができる不具合を修正。
  • トンプソン・ハウス:階段に設置された罠が生存者が通過しても作動しない不具合を修正。
Sponsored Link

その他

  • 結果画面で他のプレイヤーのプロフィールを選択したときにプロフィールが表示されない不具合を修正。
  • ミッドウィッチ小学校以外のマップで他の生存者が脱出ゲートを開けるのを観戦しているとサイレンが聞こえる不具合を修正。
  • 贖罪の檻から生存者が救出されたときの効果音がない不具合を修正。
  • カスタムゲームロビーからシュライン・オブ・シークレットで習得済みのティーチャブルパークを購入するとブラッドポイントが加算されないことがある不具合を修正。
  • 特定の地表で殺人鬼の赤い染みが表示されない不具合を修正。

今までのアップデート内容はこちら

Twitter(@karuablog)ではこのブログの新記事のアナウンスやゲーム情報などをツイートしています。気軽にフォローしてみて下さい!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です