DBD

【DBD】プレステージのやり方について解説

どうも!Karua(@karuablog)です。

今回はDead by Daylight(デッドバイデイライト・DBD)のプレステージのメリット・デメリット・やり方について解説します。

気になる方はぜひ記事をご覧ください。

プレステージのやり方

レベル50に達したキャラクターはプレステージを選択することができるようになります。

ブラッドウェブ(BW)の中央のアイコンにカーソルを合わせると「プレステージレベルを上昇させます」という表示が出ます。

アイコンにカーソルを合わせて、長押しするとこのような注意書きが表示されます。

右下のOKをクリックするとプレステージを行えます。

プレステージを行うとレベルが1に戻り、取得してきたパークやアイテムはすべて消滅します。

さらにレベルが1に戻るため、 次のプレステージを上昇させるには再度レベルを50に上げる必要があります。

Sponsored Link

プレステージは3段階

プレステージは3段階あり、プレステージを行うごとに血塗れのスキンが1つずつ貰えます。

血塗れスキンは1キャラクターで3部位あり、以下の順番で取得できます。

※一部のキャラクターで取得する順番に例外あり

生存者(サバイバー)殺人鬼(キラー)
プレステージ1胴体武器
プレステージ2胴体
プレステージ3

プレステージ3段階目で全身の血塗れのスキンが揃います。

プレステージのメリット

血塗れスキンをゲットできる

プレステージを行うことで血塗れのスキンをゲットすることができます。

血塗れのスキンは全てのキャラクターに存在し、1回のプレステージで1部位入手できます。

レア度の高いアイテムの出現率が上昇する

プレステージを上げることでBW(ブラッドウェブ)にレア度の高いアイテム(オファリングやアドオンなど)が出現する確率が上昇します。

出現率は極端に上がる訳ではなく、上昇値はほんの数%です。

実績・トロフィーの獲得

プレステージを行うとSteamだと実績、PS4だとトロフィーを獲得できます。

4種類の実績・トロフィーがあり、以下の内容となります。

  • Ⅰ:プレステージ1回目
  • Ⅱ:プレステージ2回目
  • Ⅲ:プレステージ3回目
  • Ⅲ-50:プレステージ3回目でレベル50

キャラクターによってはカモフラージュ効果もある

血塗れスキンは一見、全身が真っ赤で目立ちやすい印象がありますが、サバイバーでフィールドの物陰に隠れると同化して見えます。(一部キャラクターによる)

このように一部キャラクターの血塗れスキンはカモフラージュ効果もあるので、プレステージを回す価値は十分にあります。

Sponsored Link

プレステージのデメリット

キャラクターレベルが1に戻る

プレステージを行うと固有パーク3種(パークレベル1)からの開始となります。

パーク枠も1つになるので1個しか装備できません。

このまま、試合をするとかなり不利な状況になるので、最低限パークを4個装備できる状態にすることをオススメします。

キャラクターレベルが15になるとパークを4個装備できるようになるので、プレステージ前に最低でも25万BP以上貯めてから、プレステージを行いましょう。

パーク・アイテム・アドオン・オファリングはすべて消滅

プレステージを行うと所持しているパーク・アイテム・アドオン・オファリングは全て消滅します。

もし、強力なアドオンやBPを増加させるオファリングがあるなら使い切ってからプレステージを行いましょう。

膨大なBP(ブラッドポイント)が必要

キャラクターレベルを50にするには約150万BP必要となります。

ちなみにプレステージ3にする場合、プレステージは1キャラクターで3回できるので、プレステージ前も含めると約600万以上のBPが必要となります。

血塗れスキンを着ていくと解散されやすい

サバイバーで血塗れスキンを着て、マッチに参加すると高確率で解散されます。

なぜかというと「血塗れスキン=上手なプレイヤー」という認識があるからです。

特に頭部の血塗れスキンはプレステージⅢまで回している証拠なので、解散率は高まります。

まとめ

血塗れスキンをすべて手に入れるには膨大なBP(ブラッドポイント)が必要になるので無理にプレステージを行う必要はないです。

現在はキャラクタースキンがとても豊富にあるのでその中から自分好みにコーディネートすのもオススメです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

皆さんの良き、ゲームライフを願っております。

Karuaでした。お疲れ様です。

Twitter(@karuablog)ではこのブログの新記事のアナウンスやゲーム情報などをツイートしています。気軽にフォローしてみて下さい!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です